夢・ゴール達成が近づいたら「再設定」しなければならない。

コラム

先日、クライアントとのコーチングで、夢の再設定を行った。

このクライアントは素晴らしいセンスの持ち主で、自ら掲げたゴールを見事、実現した。

これだけでもすごいことなのですが、さらにすごいのは、「作野さん、新しいゴールを見つけたいのです。」と言ってきたこと。

これは本当に素晴らしい。人間は夢を実現する、あるいは実現しそうになると、アクセルを緩めてしまうことがある。

 

たとえば、うさぎとかめの話でも、ゴール目前でうさぎは手を抜いてしまいまった。

あれは、単に「弱い者の努力は報われる」ということを伝えたかっただけでなく、「ゴールが近づいてくくると油断してしまうのが人間。注意せよ。」という意味も含まれている。

同じような話は、日本昔話にもある。「いなばの白兎」である。

本来の目的からそれるといけないので物語の内容は端折るが、これまた、ゴール目前で「手を抜く」ことでひどい目にあうお話の典型である。

 

昔の人はわかっていたのだ。「ゴール目前」あるいは「ゴール実現」した時に人間は緩んでしまうことを。このことがどれだけ危険かということを。

よくある「燃え尽き症候群」は、ゴール目前やゴール実現によって起こる。

 

その点、先日のクライアントはさすがのセンスで、次のゴール設定の重要性に気づき、そのセッションを一緒に行った。

そのおかげで、新しいゴールが出てきた。

より大きくて、パワフルな、ワクワクするようなゴールである。

このクライアントならきっとその新しいゴールにどんどん近づいていくことを確信している。

このように夢・ゴールの「再設定」はとても重要である。日々をイキイキと充実したものにするためにも、定期的に夢・ゴールの見直しをすることをおススメしたい。

タイトルとURLをコピーしました